スキンケアの基本と手順

スキンケアの基本と手順について、詳細に説明しています。ぜひご参考にしてください。
MENU

正しいスキンケアを知ってますか?

化粧の仕方については友達どうしであれこれ話したり、家族から習ったことはあるという人が多いと思うのですが、
スキンケアに関しては雑誌や宣伝の受け売り、見よう見まねで
ここまで来ましたという人、実は多いのではないでしょうか?

 

今回は、スキンケアの基本について、正しい方法を確認してみましょう。

 

【スキンケアはなぜ必要?】

まず、どうしてスキンケアを行う必要があるのかをしっかり考えます。
スキンケアというのは、外から来る様々な刺激から肌を守り、
肌の健康で美しい状態をキープすることを目的として行うケアです。
基本的なスキンケアの種類には以下のようなものがあり、それぞれ役割があります。

 

 

■洗顔
洗顔というと顔だけになるのですが、肌全般についても同様に考えます。
この役割としては、ほこりや汗、皮脂などの生活の中で生じる汚れを落とすことです。
生活の中で汚れがついていくので、毎日複数回行うことが基本です。

 

 

■クレンジング
クレンジングと洗顔は一緒に考えられがちですが、明確な違いがあります。
クレンジングでは、メイクや日焼け止めなど、
油溶性の汚れを落とす役割を持っていて、洗顔では水溶性の汚れを落とします。
ですから、専用のクレンジング剤が必要ですし、
メイクをした日はクレンジングを行わないと毛穴などに残って詰まってしまいます。

 

 

■化粧水
化粧水の役割は皮膚に保湿成分や美容成分を与えつつ、肌に浸透して皮膚の奥に水分の通路を作ることです。
この化粧水の働きによって、美容液やクリームの浸透に違いが生じるようになります。
化粧水は単体でも肌に良い成分を与えますが、他のコスメの効果をサポートする作用も持つ重要パートです。

 

 

■美容液
美容液は、肌に対して有効成分を与えることです。
凝縮された有効成分は、肌の活性化に大きな効果があります。
化粧水で基礎をしっかり作っておかないと浸透具合が浅くなり、効果が薄くなる場合もありますので注意しましょう。

 

 

■乳液・クリーム
乳液もクリームも、水分と油分を補給して肌の柔らかさを維持する役割です。
肌に油分が無ければ、表面から水分がどんどん蒸発して乾燥してしまいますし、
多すぎるとベタついてしまいますから適度なバランスが必要です。

 

クリームは乳液と比較すると油分が多くなっているので、
加齢によって油分が不足気味になってくると使用する機会が増えてくることでしょう。

 

種類によっては、肌への栄養成分を配合していて
上記の美容液顔負けの役割を果たすものもあります。

【スキンケアの正しい順番】

さて、スキンケアの役割を確認したところで、次に順番を確認してみましょう。

 

正しい順番でやらなければ、せっかくのスキンケアが効果を発揮しないこともありますし、
正しい順番で行うことでその効力がグッと上がることもあります。
自分が正しい順番で行えているか、確認してみてくださいね。

 

 

■ 基本的な順番(朝)

 

洗顔>化粧水>美容液>乳液orクリーム

 

朝はまず顔を洗って肌表面をきれいにし、
それから化粧水で引き締めつつ、栄養成分の通り道を作ってあげます。
そして美容液で有効成分を注入し、
乳液やクリームで水分が逃げないように、また外の刺激に対してバリアを張ります。
メイクなどはこの上から行っていきます。
基本的なスキンケアはメイクの有無に関係ありませんから、毎日行いましょう。

 

 

■ 基本的な順番(夜)

 

(クレンジング)>洗顔>化粧水>美容液>乳液orクリーム

 

朝と夜で少し違うのは、一日の終わりということでクレンジングが入るということ。
メイクや日焼け止めなどを使っていない場合は省略して朝と同じ手順を踏みます。
大切なのは、夜だからと手を抜かずにしっかり一連のスキンケアを行うことです。
なぜなら、眠っている間に特に肌の生成や修復が活発になりますから、
この時に使われる栄養成分をたっぷり補給しておくことが大切なのです。

【各スキンケアの正しい方法】

ここからは、各スキンケアの正しい方法とポイントを確認しましょう。

 

■ 洗顔
1.洗顔料を良く泡立てます

 

2.額・右頬・左頬・鼻・アゴの五箇所に泡立てた洗顔料をのせ、
額と鼻から円を描くように指を滑らせていき、優しくなでるように広げていきます

 

3.ぬるま湯で、すすぎ残しのないように丁寧に洗い流しますが、
この時はこするのではなく肌に水を含ませる気持ちで行いましょう。

 

ぬるま湯というのは30〜35度で、
皮脂が溶け出し、かつ肌にダメージを与えない温度がこれくらいだと言われています

 

4.最後はタオルを軽くあてながら水分を拭きますが、やはりこすらないよう注意

 

 

■ クレンジング
1.まず手を洗い、もしもアイメイクをしていたら先に落としておきます。

 

2.しっかり乾いた状態の手に適量(製品ごとに違います)のクレンジング剤を取り、
洗顔と同じく五箇所に乗せていきます

 

3.円を描くようにしながら、内側から外側に向かって顔全体に馴染ませていきます。

 

この時、力が入り過ぎないよう小指や薬指を中心にすると良いでしょう。

 

4.上記の洗顔と同様に、最後はぬるま湯(30度〜35度)で洗い流します

 

 

■ 化粧水
1.手のひらに化粧水を適量とります

 

2.頬など、乾燥しやすい箇所か順に一箇所ずつ、
手のひら全体を押し当てながらゆっくりと馴染ませていきます

 

3.一通り終わった時、乾燥が気になる部分があれば再度繰り返すと良いでしょう

 

 

■ 美容液
上記の化粧水と使い方は同じです。
化粧水によるケアをしっかり行ったところに使うようにしましょう

 

 

■ 乳液orクリーム

 

1.手のひらに適量をとります

 

2.乾燥しやすい目元・頬などに、手のひら全体で
ゆっくりと押し当てながら広げていきます。

 

この時、多く塗りすぎると層ができてベタついてしまい、
毛穴の汚れや詰まりの原因になるので注意しましょう

【最後に】

以上が基本的なスキンケアの方法になります。
しかし、これだけではなく、日焼け止めやメイクの種類など、気をつけることは他にもたくさんあります。
そして、自分の肌質をしっかりわかって、ケアすることが肌トラブルを未然に防ぐためにはとても大切です。

 

もし肌質をチェックできる機会があれば、恥ずかしがらずに積極的にチェックするようにしましょう。
思いの外、自分の肌の状態は変わっているものですから、
知っているつもりで同じケアを続けていると良くない場合も少なくありません。

 

基本のスキンケアの上に、肌質に合わせたケアができれば、もう立派な上級者です。

 

 

 

◇リフトアップ効果が期待できるオールインワンジェル化粧品
 →保湿力抜群のフィトリフトオールインワンジェルで10歳若返り肌へ

更新履歴
このページの先頭へ