スキンケア

スキンケアの基本と手順について、詳細に説明しています。ぜひご参考にしてください。
MENU

お肌の基本的な構造について

肌の状態は年齢と共に変化します。
よく言われるように、赤ちゃんのお肌はまるでお餅のようなしっとりといたお肌です。
若い年齢ですと、シワのない健康的なハリのある肌の状態です。

 

しかしそれが加齢と共に衰え始めると、だんだんその張りを失い、
シワも目立ってツヤもなくなり始めます。
これが俗に言う「肌の老化」です。

 

どのようにしてこの老化が起こってしまうのか、その原因を考えることにしましょう。

 

 

わたしたちの肌は絶えず磨耗して減りつつ、
一方で常に新しい細胞を生成し、減った分を再生しています。

 

肌の役割としては、体全体を包んで外からのさまざまな刺激から守ることです。
この肌は一枚だけではなく、「表皮」と「真皮」からなる二層構造でできています。

 

表皮の一番下には「基底細胞層」と呼ばれるところがあり、
この部分で新しい表皮細胞が生成されて、約28日間をかけて表皮の一番外側に出て行くようになります。

 

その後、表皮の外側で約14日間にわたって「角質層」として活躍した後、
垢として剥がれ落ちていくようになっています。
この角質層は外界からの刺激から中の細胞を守ってくれています。

 

細胞の生成から、垢として剥がれ落ちるまでの過程を
「肌のターンオーバー」と呼び、肌の管理の上で重要な要素として考えます。

 

 

 

年齢を重ねてくると、このサイクルの間隔が大きくなってきて、
それに伴って様々な問題が現れるようになります。

 

たとえば、角質層もなかなか剥がれ落ちなくなり、
古い角質がそのまま残って層が厚くなるようになってしまいます。

 

このとき、メラニン色素も皮膚に残り易くなってしまい、これがしみやくすみの原因となる他、
古い角質層は見た目にも良くなく、様々な肌トラブルが出やすい性質があります。

 

このページの先頭へ